城東冷機サービス株式会社

  • 長野県限定フリーダイヤル
  • お問い合わせ
  • LINE@友だち追加

スタッフブログ

竜飛 tappimisaki[夏休みの自由研究2]①

観光

突然ですが、このあいだニュースでキティちゃんが40歳になったと報じていました。わーいおめでとー。

フルネームが〈キティ ホワイト〉と言うらしい。へぇーもうアラホーなのですね。

石川さゆりは19歳で、津軽海峡冬景色を歌っていたというのに。...んっ!?

そうだ津軽海峡行きましょう!竜飛岬へ!!と、いうことで。

竜飛①.jpg

竜飛②.jpg

大館から国道7号線に乗り、399号線 を北上し、あっちゅうまに到着。

釧路からの流れで、岬巡りが目的かと思いきや、実はもうひとつ重大任務がありまして。

上の写真左側に見えます、津軽半島を縦断し、海中から北海道に至るアレ。そう、2016年新幹線も通るとウワサの津軽海峡線、そして青函トンネル記念館

竜飛③.jpg

竜飛④.jpg

青函トンネル・・・スゴイですねぇ。海峡は23.3㎞なのに対し、トンネル全長は54.8㎞もあるそうですよ。

海峡の最深部は140mほどですが、青函トンネルはさらにその下100mを通っているという。

うーむ、アナがあったら入りたい私としては、是非とも訪れておきたいところ。

外の天気は生憎ですが、アナの中なら関係ないでしょう。

いざ、とつにゅー!!

竜飛⑤.jpg

竜飛⑥.jpg

先導孔を掘る作業員さんがお出迎え。展示館は1Fギャラリー、2Fモニタルームになってます。

ひと通り概要をつかんだら、専用扉でケーブルカー乗り場「青函トンネル記念館駅」に向かいます。

 竜飛⑦.jpg

竜飛⑧.jpg

「もぐら号」...そのまんまやん。  いや、見るべきところはそこじゃナイ。前を見ろ!!!!

竜飛⑨.jpg

・・・人生の終わりかとオモタ

「ジリリリリ~定刻になりました。発車しまーす!」マジすか!まだココロの準備が・・・。

「ドンッ!ガガガガガガガー」ぎゃー!ぶつかったりしないよねっ、ねっ?

「・・・風門が完全に開くまでお待ちくださーい!」おーい!!・・・あ、いや、なんでもないです・・・。

竜飛⑩.jpg

竜飛⑪.jpg

ゴットンゴォー。動き出しました。いざ行かん、海底地底のさらに底。ワクワクしますねぇ。

竜飛⑫.jpg

竜飛⑬.jpg

「坑道体験海底駅」に到着しました。雰囲気は20℃80-90%RHに保たれています。

 

ガイドのおねいさんの案内で、坑内を見学します。30分くらい。以前は本坑や海底駅まで行けたそうですが、

現在は新幹線対応工事のため見学できません。残念。

 

今見たら、海底駅は2012年廃止されちゃったらしいです。

竜飛⑭.jpg

竜飛⑮.jpg

竜飛⑯.jpg

ダイナマイトぶっこみ用ちょー長いコアなコアの数々。コンクリ吹き付けマシーンマン。

 

竜飛⑰.jpg

 

記念館H.Pより

 

竜飛⑱.jpg

 

→お気に入りの直流変換器。

 

竜飛⑲.jpg

 

記念館H.Pより

 

竜飛⑳.jpg

 

→お気に入りの切羽間警報装置。

坑道の隅には側溝があり、サラサラと水が流れています。ガイドさんにこれは真水なのかと尋ねると、海水との答え。

更に海水は消火に使えないので...と、直径1mはあろうかというパイプを指差し「白で塗られたパイプは地上から

送られる消火用真水。黒く塗られたパイプ2本はトンネル内の排水用で、海水が地上に引き揚げられています。」

うーん。まさにトンネルのライフラインというわけだすなー。んだんだ。

竜飛21.jpg

竜飛22.jpg

トンネルを堪能したので、地上に出てみましょう。

 

竜飛23.jpg

多少小降りになって来ました。

竜飛24.jpg

屋外にも工事ゆかりの品々が展示されてます。

竜飛25.jpg

でもなんか...とっても残念なことになっていま...。

竜飛26.jpg

竜飛27.jpg

竜飛28.jpg

もうやめてぇーーーーーー!!

青函トンネル記念館を後にして、500mぐらい登っていくと龍飛埼灯台があります。

竜飛29.jpg

手前の駐車場でバス発見。

その駐車場の向かいには...「津軽海峡冬景色歌謡碑」が!

竜飛30.jpg

ただいま絶賛演奏中。

ちなみにまんなかの赤いボタンを押すと、アノ歌がイントロから爆音で流れてきます。

さぁ~みなさんもご一緒に!!・・・つがるーかぁいきょおー、ふーゆぅげーしーきぃーーー♪

竜飛31.jpg

お隣には全国的に有名な、車はおろかバイクも通れない

階段の国道」なんてのもありますよ。(れっきとした国道です。)

竜飛32.jpg

ようやく到着。雨も上がって東に晴れ間も見えますが、ものすごい風!

竜飛33.jpg

吹き上げて来る風に、ライトウエイトな私は...あのえーと、その前に息ができん。

竜飛34.jpg

南国かっ?!

というわけで、春パンでした。

 

つづくらしい。

 

スタッフブログ一覧を見る

ページのトップへ