城東冷機サービス株式会社

  • 長野県限定フリーダイヤル
  •  

エアコン修理

エアコンの故障修理・設置・点検・メンテナンス

家庭用エアコン/業務用エアコンの故障修理・設置・点検・メンテナンスを承ります。

冷暖房空調設備(エアコン)の故障や経年劣化の事など、何でもお気軽にご相談ください。
きちんとした資格を持った技術者が下記の設備機器の設計・施工から安全に運用できるよう故障修理、設置、点検、メンテナンスいたします。

施工例を見る

メンテナンス・保守

エアコンを長く正常にお使い頂くには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

機能を維持し、快適にお使いいただくためには、自動車の定期点検と同様にメンテナンスが欠かせません。

機器のコンディションを維持

定期的なメンテナンスでは、エンジンオイルやエアクリーナー等の消耗品の定期交換を行い、コンディションを保ちます。

故障の予防

システムの不具合を事前にキャッチでき、突発的な故障を最小限に抑えます。

エアコン修理について

こんな時は、ぜひお問い合わせください。修理に伺います。

  • 風量が落ち、冷房暖房の効きが悪くなった。
  • 室内機から突然水が出できた。
  • 室内機の運転ランプが点滅しても、エアコンが入らない。
  • 最近、エアコンの運転が途中で、止まる。
  • ガスが少ないのではないか?
  • 音が大きい。異音がする。
  • 電源が入らない。ブレーカーが落ちる。
  • 古くなったので、一度点検をしてほしい。
  • 配管パイプもきれいにしたい。

エアコンクリーニング

定期的なエアコンクリーニングはいかがですか?

エアコンが汚れていると、風の通りが悪くなり、非効率な稼働により必要以上に電気を消費してしまいます。エアコンを常に清潔な状態に保つことで、消費電力の削減につながります。

こまめにクリーニングすることで、カビや細菌による二次感染を事前に防ぐことができます。

エアコン内部に堆積した粉塵が増大し、風量ダウンが進行すると、その無理運転からエアコンの故障を誘発し、時には「水漏れ」等の二次災害を引き起こす場合もあります。

更なる粉塵増大の最悪の局面を迎えると、「液バック現象」という不良状態をおこし、部品故障の中でも最悪の「コンプレッサー損傷」という一番高額な故障修理を発生させる事となります。

このような諸問題を解決し、エアコンのトラブル予防対策であるのがエアコンクリーニングです。

エアコン取付・取外

エアコン取付・取外し承ります。

お引っ越しの際のエアコン取付やリフォームの際などの取付を承ります。
エアコンは、大きさや構造によって取付・取外方法が変わりますので、業者に依頼することをお勧めします。

家庭用エアコン

エアコンクリーニングで冷暖房の空気を清浄化。

エアコン内部にカビや白いホコリがぶら下がってませんか?

フィルターの清掃などで、ある程度はカビ臭さなどは改善できますが、お子様がいらっしゃるご家庭には健康面も考えて、エアコンクリーニングはいかがですか?

エアコンから噴出された粉塵、細菌などが、気管支炎、喘息、肺炎発症の原因となってしまうことがあります。 細菌に対して、抵抗が無い乳幼児が、カビやホコリが付着した汚れた空気を吸い込むと、病気の原因にもなります。 出産前にエアコンのクリーニングをお勧めします。

エアコンの内部で繁殖しているカビや、フィルターに付いている真っ黒いホコリが、アトピーやアレルギーの原因となってしまうことがあります。 気温が上がり、湿度が高くなってくる時期に、「エアコンをつけると具合が悪くなる」という方は、一度エアコンクリーニングをお勧めします。

エアコンのファンにぶら下がっていたホコリが原因で、夏や冬にエアコンを使い始めた時に黒いゴミが散らばることがあります。エアコンの使い始めにクリーニングを行うことで、新鮮な空気の循環だけでなく、部屋が汚れることも防ぐことができます。

業務用エアコン

業務用エアコンを長く正常にお使いいただくには定期的なメンテナンスが欠かせません

業務用エアコンは運転時間が長く、業種によって汚れ方に差があることが特徴です。とくに衛生管理が求められる病院や飲食店などでは、エアコンの風をクリーンに保つことは必須条件。

エアコン内部にホコリや汚れがたまってくると運転効率が落ちて、電気代がかかりやすくなるので、定期的なクリーニングとメンテナンスは欠かせません。

メンテナンス契約でスムーズ対応

業務用エアコンの故障を予期するのは、なかなか難しいものです。エアコンが使用できなくなって、はじめてお問い合わせいただくケースがほとんどです。

当社では、年間メンテナンス契約も承っております。日頃のメンテナンスで、故障はかなりの確立で防ぐことができます。もしものときも、お客様のエアコン機種を把握しておりますので、修理もスムーズに進めることができます。

経験に培われた知識を踏まえ、故障に即座に対応致します

故障した時は、業務用エアコンの操作パネルやリモコンに表示される「異常コード」をお知らせいただくと、事前に故障個所の把握ができ、よりスピーディな対応が可能です。

施工例を見る

エアコンに関するよくある質問(Q&A)

ページのトップへ